気エステティック イヴで汗をかいた後に水分を摂ってはいけない理由

img_01

ダイエットエステに関する口コミを眺めていますと、
よくある意見が「汗をかいた後に水分を摂らせてくれない」
というのをよく見かけます。
別にコレはお客様に嫌がらせをしている訳ではありません。
ダイエットを目的にする場合、
水分を摂ってはいけないタイミングというものがあるのです。

気エステティック イヴのようなダイエットを目的にするエステに限らず、
美容を目的にするエステでも多く行われるのが
「体内温度」を上げることだと思います。
これには2つの目的があり、体温を上げることで代謝を良くすることと、
体内にあった水分を追い出すことで脂肪燃焼を活発にするのです。
脂肪細胞というものは水分が減少している時に最もよく燃焼しますので、
サウナなどで汗を流した後でも「水分摂取2時間厳禁」は
どこのエステでも行われる基本方針なのです。

気エステティック イヴはその方針に順守し、
施術室は人体の適正湿度である60%に設定。
温度も体温よりやや高めの準サウナ状態です。
これが最も効率よく発汗す、代謝をよくする温度・湿度になります。
もちろん、個人差はありますので、
施術中のお客様の様子を見ながら温度・湿度は微調整されます。

また、気エステティック イヴでは食事指導も専門的に行っています。
ダイエットをする方の中には絶食をしている方が多数いますが、
健康を維持するには定期的な時間間隔で
必要量のエネルギーを摂取しないといけません。
何を食べていいのか、何を食べてはいけないかを
しっかりと気エステティック イヴが指導してくれます。